ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2018年2月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2018年2月発行)

  • IT投資管理分野のリサーチ概要:2018年
    2018年2月23日
    H. Katayama

    IT部門の主な役割は、ビジネス価値が高いITを構築して維持・管理し、企業の価値を最大限に引き上げることである。本リサーチノートでは、その中核となるIT投資管理について、ガートナーが2018年に注力するリサーチ領域とトピックを紹介する。

  • 「成長する考え方」で、CIOはデジタル時代に適応したリーダーシップと社内文化を再構築できる
    2018年2月23日
    G. Waller E. Olding

    「成長する考え方」は、イノベーション、アジリティ、継続的学習を実現する鍵となり得る。デジタル時代の需要に合わせて社内のIT文化を変えていきたいと考えるCIOは、本リサーチノートに示す、ガートナーのリサーチおよびMicrosoftのケーススタディから導き出された4つのステップに従うべきである。

  • コスト最適化の取り組みに優先順位を付けるためのガートナーの意思決定フレームワーク
    2018年2月20日
    C. Lozada S. Solanki

    CIOは、提案されたコスト削減のアイデアを詳細に分析することで、コスト最適化の取り組みの成果を向上させることができる。コスト最適化の取り組みを、ビジネスへの影響、リスク、必要な投資の大きさなどの各要素について評価する上で、ガートナーのコスト最適化意思決定フレームワークを活用する。

  • 人工知能と機械学習で人材採用を変革せよ
    2018年2月9日
    H. Poitevin

    人的資本管理の変革に努めているアプリケーション・リーダーの間で、AIおよび機械学習を用いた人材採用アプリへの関心が高まっている。こうしたアプリの評価/導入においては、ベンダーに適切な質問をできるかが成果に影響を及ぼす。本リサーチノートでは、こうした質問事項を例示し、どのように採用担当者の効率と候補者のエクスペリエンスが改善されるかを解説する。

  • IT組織と人材のリサーチ概要:2018年
    2018年2月9日
    Y. Adachi

    ガートナーのIT組織と人材のリサーチは、ITリーダーおよびIT組織の人事担当者に対し、最適なIT組織の在り方と人材像の特定から戦略/計画の立案・実行まで、さまざまな局面における指針とヒントを提供する。本リサーチノートでは、2018年に注力するリサーチ領域とトピックを紹介する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com












gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright